不動産担保ローン業者選びのコツ(インターネット調査①)

悪質な業者にダマされないためには、信頼できる業者かどうかを見極めること

悪質な業者にダマされないために、業者選びにおいて最も大事なことは、単に金利が低いなどの融資条件ではなく、「信頼できる業者」を見つけることです。

融資を受けること(お金を借りること)は、モノの売り買いのようにその場で終わる一度限りの取引ではなく、お金を借りてから最後に返済が終わるまで関わり合いが長く続くため、融資先が信頼できる業者かどうかの見極めがとても大事なのです。

しかし、単に金利だけに注目して業者探しをしていては、信頼できる業者かどうかはわかりません。

ホームページ上では見栄えよく形を整えることはいくらでもできるからです。

また、困ったことにインターネット検索では、必ずしも、「検索ワードでの上位表示の業者」=「信頼できる業者」とはならず、不動産担保ローン関連のキーワード検索においても、残念ながらとても信頼できるとは言えないような業者も多く上位表示されているが現実です。

また、不動産担保ローンをはじめとする金融業界においては、いわゆる大手または大手傘下の業者が必ずしも融資条件がよく、親切で信頼をおけるものではありませんし、まして、意図的に大手に似た名前を使い、大手を装っている業者も数多くあるのでよくよく注意する必要があります。

信頼できる業者を見極めるために注目すべき3つの数字

では、信頼できる不動産担保ローン業者かどうかを見極めるにはどうすればよいのでしょうか。

それには、次の3つの数字の有無が最初の判断の基準になります。

  1. 貸金業者登録番号
  2. 日本貸金業協会員番号
  3. 宅地建物取引業者登録番号
1.貸金業者登録番号

貸金業を営む者(お金を貸すことをビジネスとして行う業者)は、貸金業規制法という法律により、内閣総理大臣または都道府県知事の登録を受けなければなりません。(この登録を受けなければ違法で、いわゆる闇金となります。)ですから、この貸金業登録番号があることは必須です。そしてこの登録は3年毎に更新をしなければなりません。最初に新規登録が認められると、番号(1)が割り当てられ、問題なく営業を続けて更新をしていけば、3年毎にこの番号が(2)、(3)、(4)、、、と大きくなっていきます。尚、この制度が始まって以来、現在、最も大きい業者番号は、(11)です。(平成27年10月4日現在)

2.日本貸金業協会員番号

日本貸金業協会は、平成18年の法律の改正により新たに設立された貸金業界の自主規制機関です。日本貸金業協会によると、協会は、組合員である“貸金業者の業務の適正な運営を確保し、(中略)資金需要者等の利益の保護を図るとともに、国民経済の適切な運営に資することを目的としています。”となっています。つまりは、組合員の貸金業者が、違法なことや悪質な貸し付けをしないよう自主規制をつくり、協会員に法令を遵守させる役割を担っています。協会員登録は、貸金業者の義務ではありませんが、正規に貸金業を営む業者であればそのほとんど多くは協会に加盟していると考えられます。

3.宅地建物取引業者登録番号

いわゆる宅建といわれるものです。ご存知のとおり、宅建は、宅地建物取引業者、つまりは不動産業者にとって必要な資格です。よって、貸金業を営む金融業である不動産担保ローン業者は、宅建の資格は必須ではありませんが、不動産を担保に融資を行うにおいて不動産を適正に評価するために実務的に不動産の専門知識は不可欠であり、宅建の資格を有していることが不動産担保ローンを適切に取り扱う上では、有していることが望ましいと言えます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ