不動産担保ローンで借りてはいけない?!(不動産担保ローンのデメリット)

 前述のとおり、「不動産担保ローン」は、銀行や公的機関と比べ、金利は高いが、審査は比較的短期間で甘く、また、無担保の消費者金融・ビジネスローン等と比べ、不動産審査があるものの、金利は低く、不動産の担保評価次第では、高額(大口)の資金調達がしやすい手段といえます。所有不動産がある借手にとって、「不動産担保ローン」は、銀行・公的機関と消費者金融・ビジネスローンとの中間に位置する資金調達の一手段と考えるとわかりやすいかもしれません。

 返資金調達のしやすさから安易に借入をすると、返済できずに不動産を失うリスク大

 しかし、「不動産担保ローン」は、不動産さえあれば、比較的簡単な資金調達手段であるがために、返済の見通しについてしっかり考えないまま、安易に借入を起こしてしまう借手も多く、結果、返済に窮してしまい、担保とした不動産を手放さざるを得なくなるケースも少なくありません。

 不動産の評価次第で高額(大口)の資金調達も可能なため、歯止めが効かず借り入れが膨らんでしまうことも

  銀行や公的機関に対しては、中途半端な事業計画では融資審査をパスすることはできないので、緻密で実現性のある事業計画と実績に裏打ちされた信用力が必要ですし、また、消費者金融やビジネスローンは、銀行や公的機関のような厳しい審査がないかわりに、数百万から多くとも1000万円くらいまでの資金調達が上限ですから、自ずと借入の歯止めがききます。一方、「不動産担保ローン」は、資金調達における「審査」のハードルが比較的低い上に、不動産の価値次第では、数千万、数億単位での高額(大口)の資金繰りもできてしまうため、甘い事業計画や返済計画、ずさんな資金の運用で借入がどんどん膨らんでしまうリスクがあります。

  いつの間にか後戻りできないケースはよくある

 たとえば、はじめは、5000万円の価値がある不動産を担保に、とりあえず1000万円の借入を起こしたものの事業がうまくいかず、追加で1000万円を借りても好転せず、本来はここで事業の見直しや整理が必要なところを、後戻りできずに更に1000万円を借り入れてしまい、気がつくと、事業ではとても返済することができないような財務状況になってしまうようなことはよくあるケースです。金利は同じでも、借り入れが1000万円から3000万円になれば、当然、返済金額は3倍になり、返済の負担は増えます。

  楽観的な事業計画では、資金運用も甘くなりがち

 借り入れが比較的しやすいからといって、慎重な返済計画を立てないまま、楽観的な事業の見通しで見切り発車し、「不動産担保ローン」での資金調達を選択すると取り返しがつかないことになります。安易に借り入れができてしまうと、どうしても資金の運用も甘くなりがちになるものです。

  不動産担保ローンの利用の前に、まずは、銀行など不動産担保ローン以外での借り入れをとことん考えてみては!

 従って、まずは、「不動産担保ローン」の利用を考える前に、しっかりとした事業計画や返済計画を立て、返済負担の少ない銀行や公的機関での融資の可能性を最大限に追求することが大切です。しっかりと返済をしていける自信がある事業にもかかわらず、どうしても銀行や公的機関等の審査が通らず必要な資金の調達手段が他にない場合になってはじめて、「不動産担保ローン」での借り入れを検討するくらい慎重になることが必要です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ